海外通販100%利用ガイド: 自転車パーツが安い!
  • 海外通販サイトや海外オークションをもっと簡単にスムーズに活用し、自転車パーツを市価よりもずっと安く購入するためのTIPSをお伝えする情報サイトです。

    最初はちょっと不安な海外通販もやってみると実は意外に簡単。日本語対応サイトもあるし、英語も決まった表現しか出てこないから、慣れてしまえば簡単にしかも楽しく買い物ができる。
    このサイトでは、海外通販の基礎知識、品物の探し方、トラブルの対応、ちょっとした用語や英文例、その他、個人輸入や仕入れ目的の方にもきっと役立つ情報を順次掲載中!→記事目次はこちら

シマノのコンポセットは世界の果てで買う方がお得という事実…。

Chain Reaction Cycles

シマノ・アルテグラのフルセットが6.6万円。ティアグラフルセットが3.3万円というのはいかが? 今、私が住んでいるこの日本という国、この国は西洋世界から見ると「東の果て」にある遠い遠い国のようである。また、逆にその西洋世 …続きを読む

ちょっと気になる15万円クラスの格安ロードバイクを2台ほど。

ProBikeKit.com

有名ブランドの格安価格ロードバイクと無名ブランドのちょっと素敵な1台 ロードバイクは基本的に“趣味”のものだから、どんなものだって、あなたが「最高だ!」と思えば、それが間違いなく最高の1台となる。だから、次期ロードを選ぶ …続きを読む

これからの必須、ウィンドブレーカー。超目立って、かつ安いヤツ!

PBK

これなら夜のライドでもかなり安心。寒くなったり暖かくなったりの不安定な季節の必需品。 寒い季節はとかく地味な服装になりがちなこの国の一般人だが、あなたがサイクリストであるなら、そんな慣習は無視してできるだけ派手な目立つ服 …続きを読む

クロモリフレーム、ディスクブレーキ、ティアグラ装備で7万円ちょっと。そんなシクロクロス系ロードはいかが?

Wiggle

ちょっと観点を変えれば見つかる見つかる、面白くも実用的なロードバイク ▲こちらはVerenti(ベレンティ)シクロクロス系ロード、Substance Tiagra 2017年モデル ¥71,030 【Wiggle】 まず …続きを読む

日本の半額以下で買えるロードバイク用タイヤ!

Wiggle

タイヤは消耗品! 約1,600円で買えるMichelinのLithion3、日本の半額以下! ▲こちらはミシュランのLithion 3 ロード用タイヤ ¥1,627 【Wiggle】 旧モデルのLithion2(リチオン …続きを読む

フィジーク・アリオネが8,000円というのは実は悪くないチョイス。

Chain Reaction Cycles

Fizikのアリオネ、ただひとつの欠点を除けばとても良いサドル 今回の記事はちょっと個人的な趣向が入っているので、人によっては違うと感じるかもしれない。でも、このことを書く人はそういないと思うので、あえて記事化してみる。 …続きを読む

費用対効果抜群のカーボン製ドロップハンドル。

Chain Reaction Cycles

Brand-Xのカーボンハンドルが約1万円。かなりお得なアップグレード ▲こちらはBrand-X(ブランドエックス)というブランドのフルカーボンハンドル。Brand-X カーボン Ergo Racing ロードバー ¥1 …続きを読む

クリスマスシーズンだというのに妙に早く届いた英国通販の自転車パーツ!

Chain Reaction Cycles

2017年12月11日の23時過ぎに注文した自転車パーツが4日半後の今日(2017年12月16日の午前中)にもう届いた! ▲これが驚くほど早く届いた注文の中身。Chain Reaction Cycles(CRC)よりのク …続きを読む

英国通販のほぼ最安値、4万円ポッキリで買えるロードバイクとはどんなもの?

Wiggle

いや、待てよ、これはこれで格好良いかも! ▲こちらはBrand-Xというブランドのロードバイク完成車「Brand-X ロードバイク」 ¥40,000 【Wiggle】 まずはこの写真をよ~く眺めてみて欲しい。約30秒ほど …続きを読む

冬から春にかけてのライディングでの必需品、ウィンドブレーカーならコレ!

PBK

CastelliのHiziz(目立つ色仕様)ジャケットが4千円台! ▲こちらはCastelli(カステリ)のウィンドブレーカー Squadra ER ジャケット ¥4,468 【ProBikeKit】 おそらく、あらゆる …続きを読む

安くても質実剛健で格好良いサドルを探す!

Wiggle

大切なサドルだからこその冒険……ただし安いヤツで サドルは確かに大切だ。できるだけ良いサドルを探したい。お尻がいたくならず、かつ軽量で、かつ格好良いヤツ。でもひとつ重要な法則がある。価格と“自分にとっての良いサドル”には …続きを読む